マスク蒸れでのメイク崩れ対策

マスクで顔がベタベタの対策!テカり・皮脂を抑えるメイクとスキンケアで予防

マスクで顔がベタベタなので皮脂を抑えるメイクとスキンケアで対策する女性

マスクで顔がベタベタになって、メイクが崩れたりしていませんか?

コロナの影響でマスクを着用するようになって、マスク蒸れで顔のべたつきテカりが気になる女性も多いと思います。

顔がべたついていると、清潔感が失われて、あなたの素敵な印象が台無しになっちゃいますよね。

マスクから脂のような揚げ物した時の臭いがして、鼻の天辺に触れてる部分が臭い悩みを抱えている女性もいるようです。

マスクにメイクがつくので化粧崩れを防ぐフェイスパウダーを使う女性

マスクで顔がベタベタするのを抑えるには、フェイスパウダーでの対策がおすすめ。

パウダーの粒子が顔がべたつく原因の皮脂や汗を吸着。

マスクをしていても、あなた本来のサラサラな肌をキープできます。

この記事では、皮脂を抑えるメイクとスキンケアの方法について解説。

記事を読むと、マスクをした時に顔がべたつくのを抑える方法が分かると思います。

マスクで顔がベタベタになってしまう方は、記事の内容を参考にしてみて下さいね。

マスクで顔がベタベタ・ギトギトにならない対策

マスクでの化粧崩れを防ぐフェイスパウダーをつける女性

マスクで顔がベタベタ・ギトギトにならない対策は、大きく分けて以下の5つです。

  1. リキッドファンデを塗ったら弾力のある少し厚めのメイクスポンジで顔全体を押さえる
  2. メイクの仕上げにフェイスパウダーを使う
  3. 肌の清潔と潤いを保つスキンケアをする
  4. マスクが本当に必要ではない環境ではマスクをしない
  5. 日中乾燥した時にはミストタイプの化粧水でこまめにうるおいを補給する

それでは、ひとつずつ確認していきましょう。

マスクで顔がベタベタにならないメイクのコツ

マスクにつかないフェイスパウダーでメイクする女性

マスクで顔がベタベタ・ギトギトにならないメイクのコツを2つ紹介します。

  • リキッドファンデを塗ったら弾力のある少し厚めのメイクスポンジで顔全体を押さえる
  • ファンデーションの後にベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを使う

メイクスポンジで顔を押さえてリキッドファンデーションのべたつきを抑える

メイクのコツの1つ目は、リキッドファンデを塗ったら弾力のある少し厚めのメイクスポンジで顔全体を押さえること。

出典:Amazon.co.jp

・スポンジが余分なファンデをに吸収する
・ファンデのムラが無くなる
・リキッドファンデが肌に密着する

粉っぽいのがいやなら、フェイスパウダーを使わなくてもOK。

綺麗に押さえるとべたつきもだいぶなくなります。

ベタベタしないリキッドファンデーションのおすすめ


出典:Amazon.co.jp
商品名 スターオブザカラー
リキッドファンデーション
価格・容量 ¥2,540・30g
@cosme ★★★★★★☆5.7
Amazon ★★★★☆4.1
おすすめ ・美容液のようなフィット感で毛穴をカバー
・毛穴落ちしないファンデーション
トライアルキットで20日間分試せる

ベタベタしないリキッドファンデーションのおすすめのリキッドファンデーションは、スターオブザカラー「リキッドファンデーション」。

3つの美容成分*で毛穴ケアができるので、使っているうちにお肌のキメも整ってくる感じがあります。

また下地無しで使えるのが人気の秘密。

伸びがいいので時短にもなるリキッドファンデーションです。

 

フェイスパウダーで仕上げて顔のべたつきを抑える

メイクの2つ目のコツは、ファンデーションの後にベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを使うこと。

フェイスパウダーは「ファンデーションを定着させてメイクの崩れを防ぐ」ことが目的

フェイスパウダーが油分を吸着するため、皮脂や汗による崩れを防ぎ、テカリを抑えます。

マスクを着用してヨレがちになるメイクには、とくに効果的。

フェイスパウダーは、メイクしたてのキレイに仕上がった状態をキープサラサラな肌に仕上げてくれますよ!

顔のテカリ防止パウダーのおすすめ


出典:Amazon.co.jp
商品名 イニスフリー
ノーセバム ミネラルパクト
価格・容量 1200円・8.5g
@cosme ★★★★★☆☆5.3
Amazon ★★★★☆4.3
おすすめ ・さらさらな肌を演出
・優れた油分&水分コントロール
・肌トーンを明るく補整

マスクでの顔のテカリ防止パウダーには、イニスフリー「ノーセバム ミネラルパクト」がおすすめ。

おすすめの理由は、優れた油分&水分コントロールでコスパも◎なところ。

マスクをしていても皮脂が浮きにくくなり、化粧が崩れにくくなります。

くすんだ肌をワントーン明るくして、さらさらですべすべの肌に。

イニスフリー「ノーセバム ミネラルパクト」は、マスクをしていて皮脂による化粧崩れが気になる女性におすすめのアイテムです!

マスクで顔がベタベタにならないスキンケアのポイント

マスクで顔がベタベタにならないように保湿する女性

マスクで顔がベタベタ・ギトギトにならないスキンケアのポイントは2つ。

1つめのポイントは、こまめな皮脂のケア

あぶらとり紙で余分な皮脂をこまめにケアすることで、顔がベタベタになるのを防ぎます。

2つめは、洗顔後の保湿

化粧水や美容液などで水分や保水成分をたっぷり肌に入れ込んだ後、乳液やクリームで肌にフタをするのがポイント。

マスクを着用していて、肌の表面はベタついていても内側が乾燥しているからです。

乳液やクリームを使うときは、肌の表面がサラリとするように使う量を調節してみて下さいね。

べたつかない高保湿成分の化粧水のおすすめ


出典:Amazon.co.jp
商品名 オルビス
クリアローション化粧水
価格・容量 ¥1,650・180ml
@cosme ★★★★★☆☆4.7
Amazon ★★★★☆4.2
おすすめ ・べたつかない高保湿
・100%オイルフリー
・一日中サラサラの仕上がり

顔がベタベタにならないマスクの使い方

顔がベタベタにならないマスクの使い方をする女性

顔がベタベタ・ギトギトにならないマスクの使い方のポイントは、以下の3つ。

  1. マスクが本当に必要ではない環境ではマスクをしない
  2. マスクをこまめに替える
  3. マスクにガーゼを挟む

1つめのポイントは、マスクが本当に必要ではない環境ではマスクをしないこと。

マスクが本当に必要ではない環境とは、自宅や屋外で周囲に人がいないときなど感染のリスクが限りなく低い状況のことを指します。

汗や皮脂が肌に長くとどまらないようにするのが目的です。

顔がベタベタにならないようにマスクをつけている女性

2つめのポイントは、マスクをこまめに替えること。

マスクの汚れが肌に移り、肌の表面で細菌が増殖しないようにするためです。

できれば一日に1~数回、清潔なマスクに取り替えるのが理想です。

3つめのポイントは、マスクにガーゼを挟むこと。

ガーゼがマスク内で発生した水蒸気を吸収してくれるので、マスク内の蒸れが解消できます。

マスクの内側にマスクと同じくらいの大きさのガーゼを挟んで使用するのがおすすめです。

日中マスクで顔がベタベタにならない対策

日中マスクで顔がベタベタ・ギトギトにならないようにするには、乾燥した時にはミストタイプの化粧水でこまめにうるおいを補給するのがポイント。

日中はマスク以外にも外気や紫外線、エアコンなど、肌の乾燥を加速させる原因がたくさんあります。

肌が乾燥すれば皮脂の分泌が促され、顔がベタベタする原因に。

手軽に肌へ水分補給をできるミストタイプの化粧水を常備して、気になったらうるおいを補給

マスクや外気などが原因の乾燥から肌を守り、メイクをしっかりキープすることができます。

顔のベタベタの対策におすすめのミスト化粧水

出典:Amazon.co.jp

商品名 キュレル
ディープモイスチャースプレー
価格・容量 ¥1,750・150ml
@cosme ★★★★★☆☆5.3
Amazon ★★★★☆4.4
おすすめ ・しっとり柔らかい肌に導いてくれる
・長引くマスク生活の肌荒れケアもできる
・細かすぎず、荒すぎないスプレーでとても気持ちいい

マスクで顔がベタベタ・べたつく原因とは

マスクで顔がベタベタ・べたつく原因を知って、予防することも大切ですよね。

続けてマスクで顔がベタベタ・べたつく原因をお伝えします。

顔の表面が高温多湿になるから

マスクで顔がベタベタになるのは、マスクの着用で顔の表面が高温多湿の状態になるからです。

その結果、皮脂や汗の分泌が活発になり、顔のべたつきを感じるように。

また、マスクの着けはずしで肌が乾燥しやすい状態になってしまうのも過剰な皮脂の分泌を促してしまいます。

空気がこもりにくくなるマスクで顔の表面が高温多湿にならないようにするのがおすすめです。 

マスクで顔がベタベタ・べたつくのを防ぐマスクとは

マスクで顔がベタベタ・べたつくのを防ぐには、通気性が良いマスクが効果的。

通気性が良いマスクのおすすめを紹介します。

通気性が良くマスク内に空気がこもりにくいマスク

マスクで顔がベタベタになるのを防ぐには、ウィルスを遮断しつつも通気性が良いマスク「KF94」がおすすめ。

出典:Amazon.co.jp

「化粧がつかない」「息苦しくない」「小顔効果がある」とSNSで話題のマスクです。

「KF94」は特殊な構造により呼吸がしやすく息苦しさを感じさせないのが特徴。
マスク内に空気がこもりにくくなるので、顔のべたつきを抑えるのにも効果的です!

 

顔のベタベタを抑えるおすすめの美容液

顔のベタつきやテカりがあると、メイクの崩れも気になると思います。

過剰な皮脂の分泌を抑えて、キレイに仕上がったメイクをキープしたいですよね。

マスク蒸れで過剰な皮脂の分泌を抑えるのに最適な美容液は、ビタミンC誘導体を含んだもの

ビタミンC誘導体には肌を引き締める効果があるからです。

マスク蒸れで顔がベタベタする女性におすすめは、VCリッチセラムの新型ビタミンC美容液

VCリッチセラムを使うと、過剰な皮脂の分泌を抑えるので、気になる顔のベタつきやテカり対策に効果的!

 

この投稿をInstagramで見る

 

pii|26歳|東京|会社員(@pii_9_)がシェアした投稿

VCリッチセラムの新型ビタミンC美容液の特徴は3つ。

特徴の1つめは、マスク蒸れでの過剰な皮脂を抑えてくれること。

VCリッチセラムは肌の引き締め効果の高い新型ビタミンC誘導体と持続型ビタミンC誘導体を配合。

VCリッチセラムに含まれるビタミンC誘導体が皮脂バランスを整え、過剰な皮脂の分泌を抑えます。

特徴の2つめは、マスク蒸れで負担のかかる肌に優しいこと。

VCリッチセラムは肌の刺激になる香料や着色料、パラベンを不使用。

肌に優しいので、マスク蒸れで荒れやすい肌にぴったりの美容液です。

特徴の3つめは、マスク蒸れでのニキビを防いでくれること。

VCリッチセラムには多数の美肌成分が配合。

美肌成分の中のキハダ樹皮エキスが雑菌が繁殖するのを防ぎます。

マスク顔がベタベタにならない女性

マスクをしていても、キメ細かいキレイな肌をキープ!

マスク蒸れで顔がベタベタになる女性は、VCリッチセラムの新型ビタミンC美容液使って、マスクニキビやマスク肌荒れを防いで下さいね。

マスクで顔がベタつくときの知恵袋

マスクで顔がベタつくときの悩みについてまとめました。

「マスクで顔がベタつくのを何とかしたい!」方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

乳液をした後にマスクをしてベタつくのはどうしたらいい?

乳液をした後にマスクをしてベタつくのが気になるときは、「オイルフリーの乳液」がおすすめです。

「オイルフリーの乳液」とは、文字通りオイル(油分)が配合されていない乳液のこと。

さっぱりとした使用感でつけ心地が軽いのがオイルフリーの乳液の魅力です。

オイルを含まないことで乳液特有のべたつきや重さが軽減。

べたつきにくいサラッとしたつけ心地で、みずみずしく軽いつけ心地が叶います。

ベタベタしないオイルフリー乳液のおすすめ

商品名 ソフィーナジェンヌ
混合肌のための高保湿ジェル乳液
価格・容量 ¥2,420・50g
@cosme ★★★★☆☆☆4.2
Amazon ★★★★☆4.1
おすすめ ・うるおって透明感のある肌に
・濃密で気持ちのいい使用感
・「さっぱり」と「しっとり」した仕上がり

マスクに鼻の脂がつくのを予防するには?

マスクに鼻の脂がつくのを予防するには、「フェイスパウダー」を使うのがおすすめ。

パウダーがベタつき知らずのサラサラ素肌をキープしてくれます。

朝の洗顔~スキンケアの最後に顔全体にスキンケアパウダーをなじませるのがおすすめの使い方。

後はいつも通りにメイクをして、仕上げにとして特にテカりやすい額~鼻、あごのTゾーンに重ね付けをします。

お肌をメイクの間にミルフィーユのようにパウダーを挟み込むことで、テカリをしっかりと抑えれます。

まとめ

マスクで顔がベタベタの対策は以下の3つが効果的。

  1. メイクの仕上げにフェイスパウダーを使う
  2. 肌の清潔と潤いを保つスキンケアをする
  3. マスクが本当に必要ではない環境ではマスクをしない

マスクを着用していても、あなた本来のサラサラな肌をキープして下さいね!

マスク蒸れでの皮脂の分泌を抑える方法について質問があれば、気軽にコメントしてもらえると嬉しいです。

【参考文献】

・福井美余(2019)『今あるコスメで上品で洗練された美人になれる


・吉木伸子(2010)『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)

ABOUT ME
マスク蒸れ対策室
医療従事者なので元々マスク蒸れが原因の肌荒れや化粧崩れに悩んでいた筆者。皮膚科や美容部員の友達に聞いた話と実体験を基にスキンケアやコスメについて情報を発信しています。